喉の詰まりは、以前に比べたら、減ってきているように感じます。

● 喉の詰まりは、以前に比べたら、減ってきているように感じます。

こんにちは。飯田千香子です。

今年は、コロナ予防のため、学校が休業になり、自宅待機期間が長く、ストレスが多い前半でした。

のどの詰まりを感じられた方が、多くいらしたと、聞きました。

のどの詰まりは、漢方では、よくある、相談です。

のどが詰まる感じは、時に、早期に、変化を実感できる場合が、あります。

あなたの、のどの詰まる感じは、漢方で、軽減しますよ。

たまに喉の詰まりを感じることはありますが、以前に比べたら減ってきているように感じます。

前回相談しました、胃の不快感も最近は感じなくなってきました。

もう少しむくみがとれてくれるといいなぁと思います。

のどの詰まりと、胃腸トラブルなどを、抱えていらっしゃいました。

全てがスッキリというわけでは、ありません。それでも、以前より、調子のよい時が、増えていらっしゃるようです。

のどの詰まりは、病院では、よく、半夏厚朴湯を、処方されます。

こちらでも、半夏厚朴湯タイプの相談は、あります。しかし、他の漢方薬が該当となる場合が、多いです。

のどの詰まりは、自分の想いが、外にうまく発散できず、のどに詰まっている状態です。

のどがひっかかる感じから、咳払いが、多くなってしまう場合も、あります。

優しくて、言いたいことを、我慢してしまう、長女、長男に、多い病態です。

気持ちを発散し、水はけを良くする漢方を、使います。また、気持ちを発散するための方法を、アドバイスしています。

半夏厚朴湯タイプは、治りが悪いと、言われます。

病院で出される半夏厚朴湯が、効きにくいのもありますが、想いを外へ出さない性格が、原因でも、あります。

よりスピーディに、変化を実感できるよう、発散を助ける漢方を補助として使います。

また、喉周りを、冷やさないよう、温め、ネックウォーマーや、ストールを使うと、良いです。

漢方を使えば、今の辛さが、和らぎます。

胃腸トラブルがある場合は、自律神経の漢方だけではなく、胃腸トラブルの漢方も、併用していきます。

あなたに今、必要なものを、オーダーメードで、提案いたしますよ。

友だち追加

パニック障害、不眠症、めまい、生理前症候群、産後うつなど心の問題が、漢方とカウンセリングで少しずつ解決していきます。

男性不妊、卵管閉塞、子宮筋腫、不育症、不妊症、二人目不妊、高プロラクチン血症が、漢方で解消され、あなたの手に、赤ちゃんを抱ける日がやってきます。

産後の母乳の詰まり、乳腺炎、産後うつ、産後クライシスなど、産後全般トラブルも、お任せください。産んだら、終わりでは、ありません。先輩パパ、ママとして、アドバイスいたします。

アトピー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎、尋常性乾癬、脂漏性湿疹、湿疹、じんましんが、漢方薬と食事で、少しずつキレイなお肌に変わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

めまい