パニック障害の漢方薬「ふらつきやパニックもなく親友とお茶できました」

パニック症状だけでなく、便通が悪く、病院のマグネシウムを大量にのんでいても便が安定せず、運転の不安、じっとしているのが辛いなどの症状があったCさん。

漢方薬でお友達と楽しくお出かけができたというメールをいただきました^^

お出かけができないと、更にストレスがたまります。気兼ねせずにおしゃべりできるお友達とお出かけできるようになると嬉しいですね。

おはようございます。

体調は少しずつよくなってます。

ウンチは結構出るようになり、マグネシウムは朝昼夜125mgずつに減りました。

つい最近親友とお茶しましたが、2時間くらいでしたが、ふらつきやパニックもなく、楽しく過ごせました。

車の運転は、まだ動揺します。

 
まだ完全ではないものの、以前よりは調子よくお過ごしのようです。

パニック障害などの自律神経のアンバランスがある方で、便通も悪い方は、まず、便通を良くすることが大切です。

漢方薬で自律神経のアンバランス治療に使うものの中には、便通にも同時に働いてくれるものもあります。

お出かけできる範囲が漢方薬でどんどん増えてくるとよいですね。

この夏は漢方薬で、不安感から卒業しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です