男性不妊検査で、意外な結果~すごい!と思っていた月は、SMI値が良かった

私は不妊症の解決には、タイミングや数値的な物だけでなく、夫婦関係もとても大切だと思っています。夫婦関係についてのアドバイスでご主人の不妊症の検査結果に違いが出た方がいらっしゃいましたので、紹介させていただきますね。

不妊症治療の目的で通っていらっしゃる方は何人もいらっしゃいますが、男性側の状態が良くない男性不妊の方もいらっしゃいます。

男性不妊の精液検査では、今は精子濃度・運動率・奇形率なども調べますが、運動精子濃度にスピードも考慮して数値化したSMIが精子受精能力の判定に使われているようですね。

ご主人と一緒に漢方治療をなさっている、妊娠希望の可愛らしい女性。

ご主人に一生愛される「さしすせそ」の話をさせていただいたところ、その実践結果を教えて下さいました。

ここで、(ご主人のことを常日頃)すごい!(尊敬している)と思っていると本当にそうなると聞いて、すごい!と思っていた月は、(不妊症検査の)結果が良かったです。

この月です。

 
ご主人の精液検査の結果を拝見すると、最近はお疲れもあるから?か、SMI値の結果が平均以下。

初めてご夫婦で相談に初めてご来店された翌月のSMI値は平均以上、かなり良い値でした。

初回ご来店された際に話させていただいたこと、それは・・・

・男性不妊の検査に応じて下さっただけでも、ご主人は素晴らしい!理解があるご主人ですね。
・スラっとしていらして、ステキなご主人ですね。
・ご夫婦仲が良くて何よりですね。
・夫は一緒にいる女性が思っているようになります。

スゴイ!と思っていたら、本当にすごい人になるようですよ。

 
この話をさせていただいた直後の1か月は、一生懸命ご主人のことを「スゴイ!」と思って下さっていたそうです。

そして、精液検査でも良い結果が出ていました。

精子の状態は、この男性の調子の良し悪しをあらわしています。それは体調も、心の状態も。

ご主人が男性らしく、自信に満ちあふれていれば、精子の運動率やスピードにも変化が出てくるのですね。

男性の不妊の原因には精巣静脈瘤など、明らかな原因があることはありますが、ほとんどは原因不明。

原因がはっきりしている場合は、もちろん病院での治療は必須ですが、

疲れを残さない、野菜をしっかり召し上がる、睡眠をとる等の生活習慣の改善だけでなく、ご主人が男らしく生きられるよう、男らしさを引き出す工夫や、ご自身の想いも見直してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、この方にも話をしている妻を話したくなくなる「さしすせそ」記事はこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です