金沢の漢方薬局・漢方相談の「万氣和漢堂」爪水虫 坐骨神経痛 めまいのご相談

金沢のパニック障害・妊娠・不妊・不眠・更年期の漢方相談のご相談

めまい

パニック障害・パニック症候群(不安神経症)

ばんき和漢堂薬局・鍼灸院 HOME >  症状別ご相談  > パニック障害は漢方で、すぐ実感

  • なぜ、過呼吸・不安感・恐怖感などの、パニック障害に強いのか

    薬剤師

    こんにちは。飯田千香子です。
    ばんき和漢堂薬局では、パニック障害はだいたい半月以内に調子の良さを実感していただいています。

    なぜ、ばんき和漢堂薬局はパニック障害に強いのか。
    パニック障害といっても、原因も症状もいろいろ。過呼吸、不安感、めまい、フラフラ、閉所恐怖、運転できない、美容院へ行けないなど、今までお聞きしたことのある症状はいろいろです。にもかかわらず、相談を受ける方は良く似たものを処方されていることがあります。

    漢方ではその方の症状・タイプ・今までの経過によって細かく必要なものを決め、今の症状にあったものをお出しすることができます。 最終的には気・血・水のどの部分にトラブルが出ているか、合うものは何かを気功で判断し、オーダーメード漢方をお出ししています。今までの経験や理論で、あなたに合ったものを選び、提案させていただきますよ。

    パニックと診断されながらも別の自律神経失調症という場合は多少時間がかかることもあります。
    時間がかかるタイプの場合は、はじめにそうお伝えします。

    あまりに早く変化が出て驚かれると思います。早くあなたにも実感していただきたいなと思います。

    パニック障害・自律神経失調症が漢方で改善する方法 10日間メールセミナー

  • パニック障害の漢方薬

    パニック障害だから、この漢方薬というものはありません。
    病院で治療をされたことがある方の場合、当店では半夏厚朴湯、柴胡加竜骨牡蠣湯、加味逍遥散、加味帰脾湯を使っていたという方が多いように思います。

    こちらでは今の症状や体質・気・血・水の過不足などを考えながら、提案させていただきますね。良く使うもの、有名なものなどを数種類紹介させていただきます。 漢方薬のメーカーは多くありますが、こちらでは薬方ごとにメーカーを吟味し、効果的なものを選び採用しています。

    ・半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
    のどが詰まる感じ、梅がのどにあるような感じ(ヒステリー球や、梅核気といいます)がする方に多い。声が出しにくい、しゃっくりが頻繁に出る方もいらっしゃいます。
    効果が出るまで時間がかかる方が多い薬方で、病院の薬の場合は年単位の方もいらっしゃいます。

    ・柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
    不安感だけでなく、恐怖感まであるとこの薬方の方がいらっしゃいます。病院では多く出る処方ですが、当店では多くはありません。

    ・加味逍遥散(かみしょうようさん)
    婦人科のPMSの漢方薬としても有名です。ほてる感じ、生理にともなう不安感などもあれば該当することがありますが、全てではありません。

    ・加味帰脾湯(かみきひとう)
    病院で不眠症の漢方薬として多く出されることが多いように思います。加味帰脾湯の方がよりほてり・のぼせがあり、帰脾湯の方はそれがありません。帰脾湯・加味帰脾湯が合う方は、独特の文字を書かれるので、すぐにわかります。

    ・苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)
    パニック障害だけでなく、めまい・頭痛、首から上の事故後後遺症、高血圧など、上半身に気がのぼっている方によく使います。

    ・桂枝加竜骨牡蠣湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)
    神経質で、若白髪が多かったり、もともと頻尿だったり、発作時に尿意がある方もいらっしゃいます。
    この薬方は、効果のある漢方薬メーカーと、効果がわかりにくいメーカーがありますので、他で桂枝加竜骨牡蠣湯で治療をされて全く変化がわからなかった方も、こちらでは変化を実感いただけると思います。

  • 漢方薬の副作用

    こちらでは、病院や、他の漢方薬局さんでトラブルを経験された方も多く相談されています。

    漢方薬には副作用がないと思われていますが、成分によっては体に合わないものもあります。どれでも安心して飲めるというわけではありません。

    特に、今まで食品や薬物でアレルギーを起こしたことがある方は、漢方薬でもアレルギーを起こしやすい方がいらっしゃいます。アレルギー歴がある方は最初にお伝えくださいね。アレルギー体質を改善させる漢方薬もあります。

    こちらでは毎回、提案の際に気功で体に合わないものを省いて提案しております。

    パニック障害で相談される方の中には、調べすぎて怖くなってしまう方も多いと思います。
    漢方薬で、肝障害、甘草による偽アルドステロン症などといったものも、今まで調べた方は気にされているかもしれませんね。
    漢方薬は組み合わせが大切。もともと漢方薬の甘草は漢方の他の薬味の力を高めたり、毒性を緩和するためにいろいろな処方に入っているのです。副作用防止のために入っているのです。大量にとらなければ、心配することはありません。

    不安に思われる方もいらっしゃると思います。

    今体に合う漢方薬をお見立てして、そのままお出しできない場合は、同じ方向性の健康食品など代用を考えて提案させていただきます。不安や疑問など、何でもお伝えくださいね。

  • パニック障害の原因

    心のコップを思い浮かべて下さい。ストレスや嫌なこと、我慢などが、このコップを少しずつ満たしていきます。 小さいころは思いっきりワーン!と泣いたり、思いっきり笑ったり、遊んだりして、このコップから少しずつ「思い」が抜けていくのですが、大人になるとなかなかそういうわけにはいきません。

    また、お子さんの場合でも我慢が過ぎると、このコップはいっぱいになってしまいます。

    心のコップがいっぱいになって、一気にあふれだしたのがパニック障害、いっぱいになっている状態が鬱だったり、自律神経失調と考えていただくとわかりやすいですね。

    不安感を取り除くカウンセリングや漢方だけでなく、ご飯とみそ汁を基本とした和食に、貝類や小魚といったミネラル補給も大切です。体は食べ物で出来ています。

    良質の油や、ミネラルは、神経伝達に必須なので、鉄だけでなく、微量ミネラルのアンバランスが自律神経のアンバランスにつながっていらっしゃる方もいらっしゃいます。貧血がパニック障害の原因と書いてあるようなサイトや本もありますが、貧血も一つの原因ではありますが、鉄は足りているけれども、漢方でいう血の不足「血虚」がある方もいらっしゃいます。

    また、最近はストレートネックなど、骨のトラブルとの関係も指摘されています。

    夕方になって疲れてくると症状が辛くなる方、
    生理前になると不安や恐怖感、発作が起きやすくなる方、
    いろいろなタイプがあります。それぞれに原因と、対策があります。

    何が原因であるかは、人それぞれ。

    あなたの状態を判断し、一番良いと思われるものを、個別に提案させていただきますよ^^

先生からのアドバイス

症例・患者さんの声はこちら

パニック症候群は調子の変化は早く実感していただけます。漢方で治療すれば、そんなに難しい病気ではありませんが、原因が体の消化吸収力の低下や、血の不足の方はある程度時間がかかります。
身体は調子の良い時、悪い時もありますので、決して気を落とさないようにしましょう。

また、調子が良くなってきたからと気を抜いて以前の食事に戻してしまったり、漢方を中断されるとぶり返してしまう場合もあります。注意深く体質を変えていきましょうね。
一度ご相談下さいね。

パニック障害・自律神経失調症が漢方で改善する方法 10日間メールセミナー
パニック障害の過呼吸・どうき・予期不安から解消される方法です。
  • まずはお電話・メールでご相談をお身体の悩み、じっくりと聞かせてください。

    ・ご来店の場合:できるだけお電話にて予約をお願いいたします。予約がない場合、お断りする場合があります。
    ・遠方の方:お問い合わせフォームあるいはお電話にて症状をお聞かせください。遠方の方の薬の提案には直筆の文字が必要になります。ハガキなどにお名前とメールアドレス、連絡先を記載し、万氣和漢堂までお送りください。宅配漢方相談の流れ

お電話でのご相談076-238-2886
ページの上へ戻る