金沢の漢方薬局・漢方相談の「万氣和漢堂」爪水虫 坐骨神経痛 めまいのご相談

金沢のパニック障害・妊娠・不妊・不眠・更年期の漢方相談のご相談

健康コラム

症例・患者さんの声

万氣和漢堂 HOME >  漢方とは?  > 症例・患者さんの声
ばんき和漢堂薬局・鍼灸院へご相談いただいた方の内容です。ブログもご覧くださいね。

パニック障害改善の漢方薬「調子よいです。が、思い出すことも時にあります」

漢方薬を飲み始めたころは不安定だった方。最近は調子良く過ごされているようです。お電話で最近の調子をきかせていただきました。

今日の電話の内容を紹介させていただきますね。

調子よいです。 病院の薬は飲んでいないのですが、カウンセリングだけは受けて、考え方を教えてもらっています。
今まで、過呼吸で救急車で運ばれた時のことなど、思い出してしまうことがよくありました。
前は調子が悪くなったらどうしよう・・と思っていましたが、今は、もし調子が悪くなって発作が出てしまっても大丈夫!と自分に言い聞かせています。
パニック発作って、直前までは調子が良いのに急に(発作が)出るので、また悪くなったらどうしようと思ってしまいます。
大丈夫と言い聞かせています。

パニック障害で死ぬの事はありません。 明日を生きることができます。
自分がやりたいことをあきらめることもありません。
未来を描くことができるのがパニック障害。

先日小林麻央さんが亡くなられました。どんなに明日を生きたかったことでしょう。1日も長くいたかったことでしょう。
生きているだけで幸せなのです。
明日を描けるってすごく幸せなことです。
その幸せを実感できるかどうか。

命にかかわらない病気で、本当に良かった。
何もかも、必要があって起こっています。

今のパニック障害という病気も、今までも我慢の積み重ねをカラダが伝えてくれているのかもしれませんよ。

漢方とカウンセリングで、明日を一緒に描いていきませんか?

ページの上へ戻る