金沢の漢方薬局・漢方相談の「万氣和漢堂」爪水虫 坐骨神経痛 めまいのご相談

金沢のパニック障害・妊娠・不妊・不眠・更年期の漢方相談のご相談

健康コラム

健康コラム

ばんき和漢堂薬局・鍼灸院の健康コラム ブログもご覧ください。

インフルエンザは風邪の一種、全く無意味な予防接種!

こんにちは。飯田泰広です。

今日の新聞に「??」って考えさせられる記事を発見。それは・・・

『今なら間に合う予防接種』

厚生労働省では予防接種の効果について、『発症をある程度抑え、重症化を予防する』って。

インフルエンザは風邪の一種で、寒く乾燥した冬はウイルスたちにとって過ごしやすい季節。

宝くじの1等を当てる確率よりも低い”ワクチン”、わざわざ病気のタネである”ワクチン”をなんで打つ必要があるのですか??

予防接種を打つことで重症化を予防できるってお医者さんは言いますが、全くのデタラメ、都合の良い言い訳でしかありません。

ウイルスたちが過ごしにくいカラダの環境を作ればよくないですか??

ウイルスのご馳走は甘いもの。逆に嫌いなのは本物の塩分。

熱・鼻水・咳など苦しいかもしれませんが、これはウイルスと戦っている、ウイルスをカラダの外に排泄している大切な攻防戦なのです。

解熱剤で熱を下げたり、咳止めで咳を止めたり、鼻水を抑えたりすることで、ウイルスたちにとっては居心地の良い、仲間を増やしやすい環境になってしまうのです。

風邪を根本から治す薬はありません。自分自身の免疫力・抵抗力で風邪を完治させるのです。

漢方薬で熱を上げるのを手助けすることでウイルス自体を一網打尽に退治できますし、気力を補うことで改善力を高めることが出来るのです。

ここ石川県は1月下旬から2月上旬にピークが来ると言われています。

忙しすぎて抵抗力が下がっている人、ぜひ1度ばんき和漢堂薬局までご相談くださいね。

ページの上へ戻る