金沢の漢方薬局・漢方相談の「万氣和漢堂」爪水虫 坐骨神経痛 めまいのご相談

金沢のパニック障害・妊娠・不妊・不眠・更年期の漢方相談のご相談

健康コラム

健康コラム

ばんき和漢堂薬局・鍼灸院の健康コラム ブログもご覧ください。

母乳トラブル 私の経験

長男の子育て時、私はストレスの塊でした。今まで勉強してきた母乳育児に憧れていましたし、おっぱいが小さくても母乳量と関係ないことは知っていましたから、当然吸わせれば出るものだと思っていました。

ところが・・・母乳は出ない。計測しても母乳が足らず、初産の産婦人科では母乳マッサージの指導もなく、ミルクを足すことだけをすすめられました。
産後、里帰りした私はできるだけミルクを足さず、母乳にこだわり、夜中も頑張って起きて授乳しましたが、1か月検診時、体重が増えていないことを指摘され、混合栄養にすることにしました。

納得いかなかった私は友人から紹介された桶谷式母乳マッサージに通うことにしました。
桶谷式では母乳の吸わせ方、詰まったときの対処法など細かく指導していただきました。その指導はとてもありがたかったし、勉強になりました。
ただ、妊娠中からできるだけ添加物入りのものは食べないようにしていましたし、油っこいものも食べていなかったにもかかわらず、桶谷式マッサージの先生からはゴボウ、サバ、玄米、みかん、みりん、黒砂糖など、身の回りの色んな食べ物について、母乳の出が悪くなると指導され、シャンプーや柔軟剤の種類まで指導されました。

次に私を襲ったのは、母乳の詰まり。母乳の出が悪い人は詰まらないと思っていたのに、ちょっと油っこいものを食べただけで詰まってしまう。その繰り返し・・

母乳マッサージでは再度、食事について注意を受けました。しかし、里帰り中だった私はゴボウ抜き、玄米抜きなどの食事をリクエストすることができず、最後は食事のことでもめてしまい、母乳マッサージに通うことができなくなりました。
私が母乳にこだわることについて、周りの皆に避難されましたし、理解してもらえないことに苦しみました。


今思うと、この時は母乳にこだわりすぎていたこともありますし、息子もなかなか寝ない子で、周りの理解もなく、ものすごいストレスで乳腺も収縮してしまい、普段は詰まるはずのないような食べ物で詰まってしまったのだと思います。

二人目の今現在は詰まり知らずです。
産後の母乳が不安定な時期は詰まりそうな時もありましたが、一人目の時に葛根湯を飲んでも効かず、竜仙を飲んでつまらなくなったので、二人目は詰まりそうな時は竜仙を飲み続けました。
竜仙には穴を開く働きがあります。

また、私の研究から、「アク」のあるもの、「粘度」のあるものが詰まりやすい。 カボチャやサツマイモでも詰まってしまった子がいましたが、それはカボチャやサツマイモの「皮」にあるアクによるものです。ナスでも詰まる方がいますが、皮を取り除けば詰まりません。
玄米や黒砂糖も「皮」つきですから、アクが多く、詰まる方もいるのですね。
しかし、皮には皮にしかない栄養もありますから、皮を除去して食べ続けることにより、体調不良が起きてきます。私自身、皮除去食により、体調を崩しそうになりました。
だから私は漢方の竜仙を飲みながら野菜の皮も召し上がることをおすすめします。また、ストレスが解消されれば乳腺の柔軟性がアップするためか、あるいは乳腺が広がるためなのか、アクのあるもの、みりんや餅など粘度のあるものを召し上がっても詰まらなくなります。
母乳量はおっぱいタンクの大きさも影響はしますが、皆にまな板と呼ばれる私のおっぱいでも、1回120ccまでは出ました。どんなまな板おっぱいでも、やり方次第で1回120c程度までなら出るようになると思います。ただ、離乳食直前はさすがに足りず、混合栄養になりました。

乳腺炎・母乳育児トラブル記事はこちら

ページの上へ戻る